September 2, 2014
photogenicfelines:

(brixiv)

photogenicfelines:

(brixiv)

September 2, 2014
大災害時、東京のどこが危険かひと目でわかるGoogle防災マップ : ギズモード・ジャパン

interglacial:

東京で独り暮らしの妹に知らせる。

September 2, 2014
"「本を読むことは、他者の経験を生きることである」と考えてみよう。そのことにより、どのような認識利得が得られるだろうか。"

Incidents (本を読むことの効用について)

個人的見解。再読のすすめ。

気に入った本の再読はオススメだ。1回目に本で読を読みながら、感情移入して著者の追体験して、本をきっかけにこの世界の見方・関わり方をちょっと変えてみて、気に入れば続けて経験を重ねた後、もう一度読む。

1回目読んだ時よりも、文がいきいきと僕の体に染み渡り、n回目の読書では1回目には気づかなかった何かを発見し更に。。。

僕にとって、感情移入で不思議な体験をした本は DDD。僕の興味を惹きつけたのは、ServiceやEntityなどのパターンなどではなく、モデリングを通じて対象ドメインを理解したい、もっと知りたいと思う知的欲求の根源。DDDからにじみ出ている知的欲求の根源が何なのか未だに謎なんだが、Acceptance Testingの運動の根源も対象ドメインを深く知りたいがあるはずである。

プロジェクトで息つまりを感じた時は、僕の場合は、ラピッドディベロップメントが再読して、調子を整えることが多い。アジャイル系の本と比較してなぜか再読が多い。自分でも理由はちょっとわからない。

GOOSも再読することが多い本だ。Fitの説明のWebページも。僕の思い描くTesting運動の理想像はまだ現実では到達していない。

September 2, 2014
"7ヶ月のひ孫と前回iChatでビデオチャットやったんです。そしたら祖母が液晶に映った僕の子の頬を震える手で撫でるんですよ。そのとき僕はテクノロジーに心から感謝した。すべての開発者にお礼を言いたかった。"

Twitter / デジタルステージ 平野友康 (via kadd9th, diphda) (via norio3bon) (via bellare-ogaway)

2012-01-07

(via mmtki) (via highlandvalley) (via sukekyo)

(via hutaba) (via shinjihi) (via fortyniner045)

(via y-u) (via zaji) (via soplana) (via mootohclip) (via kotoripiyopiyo) (via homest) (via deli-hell-me) (via mitaimon) (via tatsukii) (via do-nothing) (via interglacial) (via haru012)

September 2, 2014
聴衆のスキル

kentaro:

ひと前で話しているひとは、聴衆がどういう反応をしているか、かなり気にしているものだ。聴衆の中に、特にたいしたことのないことにでも大きくうんうんうなずきながら聴いているひとが少しでもいると、「あ、わかってもらえてるんだな」と思ってテンションが上がり、さらに話がのってくる。

逆に、聴衆がずっと下を向いていたり反応が薄かったりすると、気分も乗らないし、話もつまらなくなる。そういう時、あとで感想をきいたら「面白かった」という声があったとしても、それなら話している時にもっと反応があれば、もっと面白く話せたのに!ということになる。それは、話し手にも聴衆にも不幸なことである。

September 1, 2014
"

2014/08/26 に公開

      <div xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" id="watch-description-text">
        <p id="eow-description">GMOペパボ株式会社では、Web系企業のご多分にもれず、RubyやPHP等のLL<wbr />­を活用してサービスを展開しています。そんな会社に新卒入社してくる若者たちは、いろ<wbr />­んなバックグラウンドを持っており、業務で求められるコードを書けるようになるまでに<wbr />­は、少なからず研修が必要です。<br />本トークでは、実際に行っている新人研修を題材に、以下についてお話しします。<br /><br />・新人研修において大切にしていること<br />・研修カリキュラム<br />・言語による研修内容の違い<br />・研修を支える組織体制<br />・etc.<br /><br />本トークが、新卒・既卒とを問わず、新人教育において課題を抱えている方々にとって、<wbr />­なにかしらの示唆をもたらすことを確信します。<br />発表者:あんちぽくん @kentaro (GMOペパボ)</p>
      </div>
          <div xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" id="watch-description-extras">
<ul class="watch-extras-section">
      <li class="watch-meta-item yt-uix-expander-body">
<h4 class="title">
  カテゴリ
</h4>
<ul class="content watch-info-tag-list">
    <li><a href="https://www.youtube.com/science" class=" yt-uix-sessionlink     spf-link " data-sessionlink="ei=czcEVIiEKtms4ALTvoCABg">科学と技術</a></li>
</ul>
      <li class="watch-meta-item yt-uix-expander-body">
<h4 class="title">
  ライセンス
</h4>
<ul class="content watch-info-tag-list">
    <li>標準の YouTube ライセンス</li></ul></li></ul></div>
"

ペパボのエンジニア新人研修 - YouTube

September 1, 2014
デング熱 新たに19人の感染確認 NHKニュース

デング熱 新たに19人の感染確認 NHKニュース

September 1, 2014
"こうしたモチベーションの高いチームを作るためには、「このサービスによって○○といったユーザの課題を解決したい」といった、「なぜこのプロダクトを開発しようと考えたのかという開発の背景なども丁寧に伝え、開発メンバーにもプロダクトビジョンに共感してもらうことが重要です。"

第5回 アジャイルな開発におけるプロダクトオーナーの心構え - IT、IT製品の情報なら【キーマンズネット】

September 1, 2014
"@kappa4のお話しでは、「プロダクトオーナーは、ワクワクするようなプロダクトのビジョンを開発チームに話す必要があり、そのワクワクが開発チームを刺激するんじゃないか?もし、空き時間ができたのであれば、Googleの20%ルールのように、空いた時間を学習や検証につかって、プロダクトに貢献すればいいのでは?」というもの。"

ソフトウェア開発プロジェクトはプロダクトビジョンを満たしているか? #devsumiの宿題 | 世界はどこまでもシンプルである

September 1, 2014
クラウドサービスの Web API とそのユースケース #apijp // Speaker Deck

September 1, 2014
"

しかしその後登場したjQueryなどのさまざまなライブラリやツールに人気を奪われ、ここ数年はYUIへの注目度も低下。コミュニティからのリクエストも少数になり、多くのモジュールではメンテナによる活動も行われなくなってしまったとのことです。

これらを主な理由として、YUIの新規開発の中止の理由が決定されたと説明されています。

"

米Yahoo!がYUI新規開発中止を発表。その背景となったJavaScriptの現状解説 - Publickey

September 1, 2014
"
  • Perl以外の言語を考えてるんだったらLLじゃなくてMackerelで静的型付けの言語をやるといい
  • "
  • 株式会社はてなに入社しました | おそらくはそれさえも平凡な日々

    September 1, 2014
    "ハックを尊ぶ社風"

    マイナビ転職×@IT自分戦略研究所 「キャリアアップ 転職体験談」:第31回 PMへの道を避けたエンジニアの今――ハックを尊ぶ社風が育む働きやすさとは - @IT

    September 1, 2014
    "これを回避するには、例外を捕捉して適切なエラーレスポンスを返すためのRack middlewareを実装し、Rack middleware stackの外側の方に配置するのが良い。"

    RailsでAPIをつくるときのエラー処理 - Qiita

    September 1, 2014
    RailsでAPIをつくるときのエラー処理 - Qiita

    RailsでAPIをつくるときのエラー処理 - Qiita